世界のカレー~ネパール

日本のカレー専門店には、看板に「インド・ネパール料理の店」と書かれているケースが意外と多いものです。
インドの北に位置するネパールについて、「明確なイメージがない」「インドと似ているのでは?」という日本人は多いのではないでしょうか。
今回は、ネパールという国とネパールのカレーに関する情報をSoft-exがご紹介します。

ネパールってどんな国?

ヒマラヤ山脈があるネパールはインドとチベットに囲まれた国です。
インドとの国境付近の平原地帯、ヒマラヤ山脈に近い山岳地帯や丘陵地帯などがあります。
内陸国で他国に囲まれたネパールは、様々な国の文化の影響を受けています。
民族も多く、言語や宗教、食文化が地域によって異なっています。
特にネパールの食文化には、様々な国のエッセンスが感じられます。
インド料理やチベット料理、中華料理の影響が感じられるネパールの食文化の中でも、やはりカレー料理はメインといえるでしょう。

ネパールのカレー

ネパールでは毎食カレー食べるのが一般的です。
味はマイルドで辛さも強くはありません。
ネパールにはヒンドゥー教徒が多く、牛や豚は避けられます。
そのため、カレーに使われる肉は水牛やヤギの肉が多いのです。
また宗教上の理由でベジタリアンも多いため、野菜を使ったカレーが多く存在します。

ネパールで定番のカレー

ネパールの一般的な家庭ではダールバートと呼ばれるカレー料理が食べられています。
ダールバートはカレーの定食といった雰囲気の料理です。
ダールは豆のカレースープで、バートはご飯という意味です。
ダールは粘り気がなくて、サラッとしています。
ダールバートと一緒に、タルカリと呼ばれる野菜のカレー炒め、アチャールと呼ばれる漬物を食べます。
インドカレーの場合は、巨大なナンとカレーがセットになっていて、カレーには粘り気がありますね。
インドの食文化に影響を受けたカレーとはいえ、ネパールのカレーはインドカレーとはちょっと違っています。

ネパールカレーの食べ方

サラッとしたスープ状の豆カレーとご飯という組み合わせのネパールカレーの食べ方で悩む人もいるでしょう。
手で食べるべきか、スプーンを使うべきか、他国の料理を食べるときにはマナーが気になるものです。
ネパールのカレー、ダールバートを本格的に美しく食べたい場合は、やはり手でいただきたいですね。
右手の人差指から小指の4本でご飯をすくって、親指で口の中に押し込むと上手に食べられます。
左手は不衛生と考えられているので、必ず右手を使ってください。
もちろん、慣れない人はスプーンを使っても問題ありません。
スパイス香るマイルドなネパールカレーに、ぜひチャレンジしてみてください。