中国に行ったら「万里の長城」は絶対におすすめ!

「万里の長城に至らなければ、立派な男にはなれない」という意味で、「不到長城 非好漢」という毛沢東が残した有名が言葉があります。
4000年の歴史のある中国のシンボルとして、特に注目を集めている場所が万里の長城です。
もし、中国を訪れる機会があれば、このスケールの大きな万里の長城がおすすめです。
今回は、万里の長城についてSoft-exが説明していきます。

jplenio / Pixabay

世界最長の建造物

万里の長城は約2万㎞を超える長さを誇る世界遺産にも登録されている観光名所です。
万里の長城は1987年に中国で初めて世界遺産に登録され、世界最長にして最古の防御壁です。
築かれ始めたは今からおよそ2200年前、中国が統一された秦の始皇帝の時代だと言われています。
作られた理由は北方騎馬隊から「北方の騎馬民族の襲撃に備えるため」で、中国の皇帝にとって攻めてくる騎馬民族は強敵だったようです。
現在では観光名所でる万里の長城はかつての防御壁だったのです。
その後、漢の武帝の頃に更に大きくなり、明朝の時代(約1500年ころ)に完成したのではないかと言われています。

万里の長城の魅力は?

万里の長城は、地形にあわせて作られているので、曲がり上下左右にうねって作られていることから、「龍の背中」と呼ばれています。
北側の壁の切れ込みは龍のうろこのようにも見えて、今にも動き出しそうな雰囲気が魅力的です。
また、城壁の間には、敵楼(てきろう)と呼ばれる砦があります。
これは敵を監視するために作られたもので、当時は兵士がこの敵楼に常駐し、監視をしていたようです。
万里の長城は、場所によっては急な斜面の所もあります。
山に作られているので、場所によっては斜度が40度もあり、道が歩きやすく整備されているとはいえ、かなりのキツさがあるかもしれません。
手すりもついていますが、歩きやすい靴を履くなどしてきちんとした服装で行った方がいいでしょう。

万里の長城に行ったら、写真撮影の時には方向や角度を変えるなど、構図を考えて撮ると、いろいろな表情の万里の長城を撮影することができるでしょう。
万里の長城は中国の観光地の中では一番と言ってもいいくらいの有名な場所です。
「世界遺産」に登録されていますが、「世界の七不思議」にも数えられています。
人類史上において最大級の建造物をぜひ実際に見て、歩いて体験してみてください!